介護事業所向け Welfare and Care

勤務割表 連動 介護加算算定表システム

  各部署で作成する"勤務割表"のデータから施設全体の"統括勤務表"に 集約し、
  さらに"常勤換算数"に置き換えて加算算定の証しとなる"監査資料"を作成します。

各部署においては、馴染みのある記号で「勤務割表」を作成します。

   例えば介護職員では、
     早出:[A] 日勤:[○] 遅出:[C] 夜勤:[←] 明け:[→] 公休:[休] 等
   ※勤務記号欄はメインとサブがあり、サブの使い方は自由です。
     その日のリーダーに:[R] 入浴担当者に:[B] 等
   
※就業年月日の設定、常勤や専従・兼務の設定、介護福祉士資格取得の設定等を行います。
   ※希望や連続勤務は簡単に入力できます。
   ※自動割付けオプション機能を利用することができます。

サービス提供体制加算算定表を作成します。

   勤務時間を基に「常勤換算後の人数」として算出し、各要件を充当しているか「勤務形態一覧表」を作成して判断します。
   ★介護老人福祉施設・介護老人保健施設の場合、
     加算区分I:介護福祉士が50%以上配置されていること。
     加算区分II:常勤職員が75%以上配置されていること。
     加算区分III:3年以上の勤続年数のある者が30%以上配置されていること。

     介護老人福祉施設の場合[区分I:12単位 区分II:6単位] 

夜間職員配置加算算定表を作成します。 

   夜勤時間帯の勤務時間数を自動で算出し、基準職員数との対比をします。
   ★夜勤を行う条件により介護老人福祉施設の場合
     
それぞれ:22単位 13単位 27単位 19単位

 日常生活継続支援加算算定表を作成します。

   介護福祉士の常勤換算数を自動で算出し、平均入所者数との対比をします。
   ★入所者の数が6またはその端数を増すごとに1以上の場合 22単位

 

UCHIDA高齢者介護システム

絆ロゴ2
                                   (開発元:内田洋行)

 

当社は介護事業所向けソフトの販売・導入・サポートに力を入れ取り組んでおります。専任者がおり、導入実績も多数あります。
 

システム概要


 
入所施設系
施設様の運用形態や理念に応じたサービス提供の記録業務を最適化、多職種間の連携を促進し、
個人の情報分析、組織の情報分析をご支援いたします。  

入所施設系POINT



              

 
居宅介護支援系システム
多様化、煩雑化するケアマネジメント業務を、最新技術(マルチタスク運用、ワイド画面)と
業務ノウハウで、ケアマネージャー様をご支援いたします。

居宅介護POINT



 
訪問介護・通所介護系システム
ケアプランとサービス実施スケジュールの連動、円滑な予定実績確認、一括処理の充実により、
サービス提供事業所様の介護保険事業所をご支援いたします。

訪問介護系POINT



 
特定施設入居者生活介護(居宅)系システム
外部サービス利用型や養護老人ホーム/有料老人ホーム/グループホーム/高専賃施設における
業務運営を効率的にサポートいたします。

特定施設系システム



 
ポータルシステム
組織的な情報作成・共有・活用で、利用者・家族へのサービス提供体制を確立、
健全かつ安定的な運営をご支援いたします。

ポータルPOINT



 


PAGETOP